V-net とは

~誕生から今日まで~

名  称】 「さっぽろアートボランティア・ネットワーク」(通称V-net)
設  立】 設立総会2014年5月9日 札幌市資料館

活動方針
○アートを活用した創造都市さっぽろの事業に提言活動や支援活動をします
○「札幌国際芸術祭」開催に向けて一丸となった支援をします
○「札幌市民交流プラザ」の支援活動をします
○アートボランティア活動の発信機能を高めます
○アートボランティア各団体の事業情報を共有します
○メディアアーツ都市さっぽろの発展に寄与します

V-netさっぽろアートボランティア・ネットワークの構想は札幌国際芸術祭(SIAF)2014の開催を契機に実現しました。
以来、さまざまなジャンルの芸術・文化にかかわる市民ボランティア団体が手を結び、情報の共有、相互支援など幅広い連携のため活動しています。
それは普遍的な〝学びと実践″であるリベラルアーツを念頭に置いた市民活動です。

札幌市は「メディアアーツ都市」とし2013年11月にユネスコ創造都市ネットワークへ世界で2都市目、アジアで初めて加盟が認定されました。
その象徴的活動が2014年にスタートして3年毎に開かれる「札幌国際芸術祭」であり、2018年10月に創世1.1.1区(サンク/北1条西1丁目)に完成する「札幌文化芸術劇場」と「札幌文化芸術交流センター」からなる「札幌市民交流プラザ」です。V-netはアートのもつ創造性をまちづくりに活かし、札幌の芸術・文化を誇りを持って世界に発信したいと考えています。さまざまなジャンルの芸術・文化にかかわる市民ボランティア団体が手をつなぎ、創造都市さっぽろのけん引力となることを目指します